今回は、freeeのパーソナルサポートについての紹介です。

今年の確定申告は、freeeのパーソナルサポートを利用して確定申告をすることにしました。

今回は「freeeパーソナルサポート」ってどんなの?実際受けてみたらどんななの?というところを紹介させて頂きたいと思います。

freeeのパーソナルサポートプランとは

2017年末に新しくできたプランで、徹底的に確定申告をサポートしてくれるプランです。
クラウド会計って、どうしても新しいソフトなのでどうしても他の会計ソフトからの移行するのが難しい買ったり、初めて確定申告をする!!という方にとっては「使いこなせるか不安。。。」というところがあります。

で、チャットサポートとかQAが充実しているのですが、「何を聞いて良いのかわからない」、「パソコンとか苦手だし、チャットとか面倒」という方は電話でささっと聞けたらどんなに楽か・・・って思いますよね。
このパーソナルサポートプランはまさにそんな人にぴったりのプランです。

freeeの使い方から、実際の運用までどのようにしていけば効率的なのか?というところまで徹底的にサポートしてくれます。

ベースとなるプランの料金の差はこんな感じです。

こちらにサポートを受けるオプションプランを付け加えることで、丁寧なサポートをしていただけます。

freeeのサポートプラン

別途費用がかかって1万円を超えるので直観では「高い」と思うかもしれませんが、私は入って良かったです。

まずは期間が一年間のサポートなので、月額にすると安いです。
しかも確定申告であるあるなのが、直前までサボっててもうどうしようもなくって税理士に駆け込むとか・・・。
全く間に合わなくって、ペナルティを払うとか・・・。

自分で完璧に理解して、管理もできる!という方には不要だとは思いますが、「会計は面倒で後回しにしがち。よくわからないし。」っていう方は、入っても後悔はないと思います。

パーソナルサポートで行ってくれるサポートはこんなのがあります。

特に大きいのが、他の会計サービスからの乗り換えです。
簡単に言ってしまえば、他のサービスからデータをエクスポートしてfreeeにインポートすれば乗り換えられるのですが、そこまでスムーズに行ったら特に問題はありません。

ただ、問題が起きてしまうとかなり面倒です。
データがうまいこと対応していなかったりするのでデータの中身をチェックする必要もありますし、インポート先はまだ使い慣れていないので、操作も慣れるまでかなり大変です。

パーソナルプランではそこらへんの面倒を一挙に引き受けてくれます。これだけでもかなり大きいです。

 ◆ 経理業務を何から始めていいか全くわからない方、不安に感じられている方
 ◆ 経理業務(売上 / 経費管理など)や請求業務などを効率化したい方
 ◆ freeeを使った効率的な経理の方法のアドバイスが欲しい方
 ◆ 使い方のチェックをfreeeコンサルタントにおまかせしたい方
 ◆ 他会計ソフトに慣れていて freee の入力方法がさっぱりわからない方
 ◆ 前年度まで使っていたソフトのデータを引き継ぎたい方

freeeのパーソナルサポートプランを実際に受けてみました!

まずは最初にサポートを受けていただく前にヒアリングシートへ色々と記載していきます。

その内容に合わせてわからないところなどを徹底的にサポートしてくれます。

事業所の種類や、青色申告の承認申請をしているかどうか?などについて確定申告に重要なポイントをヒアリングしてくれます。
もちろんわからなければ、とりあえずわかる範囲で入力してみて、初回サポートの時に素直にわからないところなどを伝えれば、きちんと説明してくれます。

今回僕は、クレジットを私用のものと併用しているのでそこらへんをどうするのか??という点などを聞いています。

操作についても一から十まで説明してくれるという感じで、必要なところについては遠隔で画面を見て頂き、操作方法を伝えてくれます。
結構ややこしい会計もきちんと対応してくれるイメージです。

質問への回答についても、会計知識の有無に合わせて説明してくれる感じです。
会計知識がなくってもどのように、操作して登録をすれば良いのかを詳しく説明してくれるので、会計初心者にもかなり安心なサービスです。

二回目のサポート

二回目のサポートをいただきました!一気に進めていくのではなく、日を空けて進捗に応じて少しずつ説明してくれるので後回しにしがちな僕でも、徐々に確定申告書作成へと近づいていきます。

リマインドメールで前回の打ち合わせ内で出てきた宿題を送っていただけるので、サポート打ち合わせが終わったらメールを見ながら操作してみて作業を進めていく感じでした。

電話サポートは次回日程が決まっていますが、その間でもチャットサポートなどは同時並行で受けることもできるので、わからなくて止まってしまうことはほぼほぼありません。

で、実際の打ち合わせでは、やりながらわかりにくかったところを具体的に教えていただけるということです。

今回は、比較的操作面などを教えてもらっていますが、きちんと専任のコンサルタントが張り付いてくれるので、組織にあった運用方法や業務の効率化を図りたいなどといったアドバイスをもらうとより活用できるのでは?と思いました。

パーソナルサポートのデメリット

かなりサポートとしては有料だけあって、信頼感もあって簡単に使うことができるので安心なのですが、デメリットもあります。

それは「副業サラリーマン」にとっては、ちょっとおすすめできないところもあるという点です。

サポートデスクの対応が平日の、10:30~12:00、13:00~18:00となっていますので、平日の昼間に仕事をしていて副業で事業を行なっている方にはなかなか時間が作れないという点がかなり大きいです。

私は、まさにその副業サラリーマンなので、完全にアウト。
昼休みもきっちりサポート時間外なので、なかなか厳しいですね。

幸い私は比較的昼の時間は自由に取れるので、ずらして昼食を取りながらサポートを受けるというのができましたが、事前連絡していた時間にどうしても急な仕事が入ってしまうこともありますので、副業サラリーマンにはなかなか厳しいですね。

もちろん、副業サラリーマン以外でもサポート時間に時間が取れない場合は向いていないです。
なので、パーソナルサポートを受けたい!!という方はきちんと事前に時間が取れるかどうか?というところを確認してから申し込みをしてください。

またこの対応時間については、今後サポートデスクが拡張すると対応時間も拡張される場合もありますので、今後に期待!ですね。

まとめ

クラウド会計に移行するのがなかなか不安。という方には非常におすすめのサービスです。サポート時間に特に問題がなければ絶対に受けた方が良いサポートですね。

使っているとどうしてもわからないところとか、うまく動かないという時も出てきますので、その時に手厚いサポートが受けられるのは非常にありがたいです。
確定申告っていう事業の中でも面倒臭さと重要性がトップクラスの一大イベントですので、効率的に時間をあまり割かずにベストな申告をするには最高のサービスです。

サポート時間は今後に期待ですが、時間に自由のきく事業者ならもれなくおすすめです。


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    複式簿記の知識が全くゼロでもOK。特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。

  2. MFクラウド

    MFクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、高い拡張性とシンプルなUIが人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。

  3. やよいの青色申告 オンライン

    yayoi

    会計ソフト弥生を使っていたかたにはなじみ深いUI。充実のサポートもあります。