クラウド会計freeeは個人事業主にお勧めです

いざ、個人事業を始めようと思ってぶち当たる壁の一つが、「確定申告」です。

とにかくサラリーマンであれば、会社が勝手に納税してくれてたので事業をすると当たるのは税金の複雑さです。
その他にも、開業届を出したり、青色申告承認申請書を出したり出さなかったり…。

かくいう私も、確定申告については物凄く悩みました。
私の場合は副業で個人事業をしていたので、普段の仕事をしながら副業のこともして、税金の手続きもして…。

という感じでしたので、開業する時は大きく収益が下がってしまった苦い思い出があります。

そこで、今回は個人事業のスタートアップにfreeeが向いている理由や、こんな人にはfreeeは最適というようなことをお伝えしていきたいと思います。

会計知識がない場合はfreeeが無難

クラウド会計の違い。freeeとMFクラウド(旧マネーフォワード)、やよいの比較をしてみました。」でも比較していますが、結論から言うと会計知識がなくて独立したい方は、freeeを使うのが一番無難です。

さっとそれぞれのソフトのイメージを伝えると…

freee=従来の会計知識が不要で簡単に会計を行えるサービス

MFクラウド=従来の会計知識を基に使えば使うほど処理が早くなるサービス

やよい=シンプルisベスト。余計な機能は無しで会計知識がある人が使いやすいサービス

という棲み分けです。

freeeはとにかく知識がなくても資料をガンガン作れるところが魅力的なソフトです。
なんといっても会計初心者にはハードルの高い「仕訳」を自動的に行ってくれるのが最大の特徴ですね。

私の周りにも、一年目のスタートアップでせっかくだからと、会計知識を付けることも目指して欲張ってfreee以外のサービスを選ばれた方もいましたが、ほとんどが「freeeにしておけばよかった・・・。」と言ってます。

やっぱり、会計知識がなく会計処理をするのは物凄くハードルが高い事なんですよね。

とにかく会計というのは直感的にわかりにくい分野なので、会計知識が必要なクラウド会計ソフトだと皆さん使いこなせなくって

簡単に会計処理が終わると思ったら、結局手入力ばっかりになっちゃってる・・・。

とか、

時間がかからないはずなのに時間がやたらとかかっている・・・。

となってしまっている場合が多いです。

もちろん、もしあなたが会計知識が十分にあるのであれば、freeeにこだわる必要はあまりありませんが、知識が全くないのであればとりあえず一年目はfreeeでしのぐのが一番賢い選択です。

⇒個人事業一年目に最適なfreeeの詳細を見てみる

一年目にfreeeが活躍する3つのメリット

会計の仕訳を自動的に行ってくれるだけでなく、freeeが一年目のスタートアップに最適なのには3つ理由(メリット)があります。

メリット1.個人事業の開業手続きを無料で一括作成してくれる

まずは、個人事業として始めるときの最初の壁が「開業届」ですね。

副業で事業をされている方も、専業でされている方も漏れなく開業届を出す必要が出てきます。

開業届って何?副業で稼ぐサラリーマンのための基礎知識で紹介しましたが、基本的なルールとしては事業を開始したら開業届を出さなければならないんですね。

そこまで難しい話ではないのですが、事業開始する時にはあまりどうしていいかわからない人が多いです。

ネットで調べればいくらでも出てくるのですが、どうせならfreeeで簡単に提出書類が作れて、どこに提出するかまで教えてくれるfreeeのサービスを利用すれば、躓くことなく開業届の手続きが完了します。

作り方も簡単で、簡単な質問に答えていくだけです。

こんな感じで、あなたの収入額に応じて「青色申告」がお得なのか「白色申告」がお得なのかをシミュレートしてオススメしてくれます。
もちろん、freeeの会計ソフトは青色申告にも白色申告にも無料で対応しているので、そのままソフトを使ってOKです。

あまり大きい声では言えないのですが、開業届の提出だけをfreeeで行うっていうのも一つの選択肢としてアリです。
最初はクラウド会計を使うにもお金がかかるし、エクセルで運用しようと思ってて、後々気が変わっても同じアカウントでfreeeを使えるのでスムーズに移行できますしね。

メリット2.確定申告書類を自動的に作成してくれる

そしてfreeeを語る上で外せないメリットの一つが、「確定申告書類を自動的に作成してくれる機能」です。

確定申告ってやったことがない人には伝えづらいのですが、めちゃくちゃ面倒な作業なんですね。

赤字が多くても、見ないフリができずにリアルにいくら赤字が出たのか?っていうリアルな反省会みたいなものです。
しかも提出書類も多いし、数字が間違ってたりすると最悪追徴課税と言って、余計に税金を払わないといけない状況もあり得ます。

そんな個人事業主にとっての一年で最大のイベントの確定申告ですが、freeeであれば質問に答えていくだけで確定申告書類を自動的に作成してくれるので、めちゃくちゃ楽に確定申告ができてしまいます。

一点だけ、副業で確定申告での会社バレを防ぎたい!という方がハマりがちな落とし穴があるので、ある一点だけ気を付ければ大丈夫です。

詳しくは「freeeの確定申告がフルリニューアル!初心者でも超簡単に確定申告できます」で紹介しているので、見てみてください。

メリット3.経営情報を視覚化してレポートしてくれる

経営者一年目だとよほど数字に強い人でもない限り、自分の事業がどういう収支のバランスで進んで行っているのかわからなくなりがちです。

お金のやりとりが全て現金で、その場だけでやりとりというのであればそこまでややこしくならないのですが、実際の事業となると「あの在庫が〇〇個あったり…あの支払いが翌月だから…」というように、現金が出ていくタイミングと入ってくるタイミングがまちまちだったりで、なかなか正確に経営状況を把握するのが難しいです。

freeeであれば、きちんとデータとしてやりとりが蓄積されてビジュアルでお金の残高が見れたり、支払期日がチェック出来たり実務的にも便利ですし、経営について思いを馳せるときにも便利な機能です。

デメリットとしては経営がうまくいってないときに赤字の額を目の当たりにするのがちょっと気分が悪くなるぐらいでしょうか笑

とにかく、個人事業開始一年目は経営経験が浅くって感覚がつかみづらいので、こういうツールで視覚的に経営状況を捉えられると素早く経営感覚を身に着けられるので、非常に便利な機能です。

経営感覚が身につけられて、自動的に複雑な書類仕事をしてくれるのがfreeeの役割!

というのがfreeeを導入することで得られるメリットです。

経営一年目は本当に全てが知らないことだらけなので、請求書を発行するだけでも一苦労という感じです。

なるべく一年目にかかるストレスを減らして、事業に力を入れられる環境を整えることが大切です。
会計知識っていずれは身に着けたほうが良い知識なので、全く会計知識がない方はゆくゆくはMFクラウドややよいに切り替えていくのでもいいですが、最初はfreeeで楽をするのがおすすめです。

⇒個人事業一年目に最適なfreeeの詳細を見てみる


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    複式簿記の知識が全くゼロでもOK。特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。

  2. MFクラウド

    MFクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、高い拡張性とシンプルなUIが人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。

  3. やよいの青色申告 オンライン

    yayoi

    会計ソフト弥生を使っていたかたにはなじみ深いUI。充実のサポートもあります。