クラウド会計ソフトとインストール型会計の比較で違いを知ろう!

イsンストール型会計とクラウド会計の比較

確定申告のシーズンですね。皆さんはもう確定申告を終わらせましたか?

まだやってないという方で「どの会計ソフトを使おうか・・・」と悩まれている方もおられると思います。
会計ソフトも色々あって、インストール型のものもあるし、クラウド型の会計ソフトもあるし・・・。最初はどれを選んでいいのかわかりませんよね!

今回は従来型のPCにインストールして使う会計ソフトと、クラウド型の会計ソフトの違いを明らかにして、どっちがあなたにあった会計ソフトなのかを説明しますね。

ここを読んでいただければ、忙しくて面倒な確定申告の作業を効率よく終わらせられるあなたに合った会計ソフトがわかりますよ!

インストール型会計ソフトとクラウド型会計ソフトの違い

その前に、インストール型とクラウド会計って何?というかたもおられると思いますので、それぞれの特徴を紹介していきます。

インストール型とクラウド型会計ソフトの特徴
インストール型会計ソフト
パソコンにインストールして使う昔からあるタイプの会計ソフト。弥生の確定申告などが有名。
クラウド型会計ソフト
パソコンにインストールしなくても使える新しいタイプの会計ソフト。会計初心者でも簡単に使えるのが特徴。freeeやMFクラウド確定申告が有名。



インストール型会計ソフトはいわゆる今まであったタイプの会計ソフトです。
CDやダウンロードデータを購入して、手持ちのパソコンにインストールしてつかうタイプの会計ソフトです。

ソフトを購入して、インストールするっていう普通のPCソフトと同じ感覚で使用開始できるので、あまり難しくなく使い始めることができます。

ただし、最近でてきたクラウド会計と違い、使用環境が限られたり、会計初心者への仕訳サポートが少なかったり「わかっている人」のサービスという側面が強くなってきています。

クラウド会計は、クラウド上で動く会計ソフトです。自動的に会計をしてくれるので会計初心者でも簡単に会計処理ができるのが一番の特徴的なサービスです。

それ以外にも、クラウド上で動くのでIDとパスワードさえわかっていれば、どんな場所でも繋がりますし、パソコン以外にもスマホやタブレットでも使えます。
外でがっつり会計処理をすることは多くはないですが、ちょっとしたレシートなどの領収書もその場ですぐ処理できますし、あればうれしい特徴です。

最近の主流はインストール型からクラウド型へと移行していっています。
というのも今から紹介するポイントでクラウド会計のほうが色々便利になってきているからです。

では色々な面からクラウド会計とインストール型会計ソフト違いを比較していきますね!

仕訳の仕方の比較

やっぱり一番特徴的なのは「仕訳の仕方」ですね!

クラウド会計で有名なfreeeもMFクラウドも「初心者でも簡単に仕訳処理ができる」ことを売りにしています。

従来の会計ソフトだと、基本的には会計処理の知識が無いと何をどう処理していいかわかりませんでした。
経験者なら問題なく仕訳できるのですが、今まで会計なんて知らなかった個人事業主になりたてで会計を知らない人だと
「これ一体どういう勘定科目でやるの・・・?」といちいち調べたり、人に聞いたりしながら処理するしかありません。

クラウド会計だと、仕訳データを自動的にソフトに取り込んでどの科目で仕訳するかを自動的に振り分けてくれます。

クラウド会計の自動仕分け

このような形で振り分けたものをクリックで登録していくだけです。
経験者でなくても、勝手に仕訳してくれるので個人事業主になりたての方でも簡単に会計処理ができます。

セキュリティ面の比較

ここで気になってくるのがセキュリティ面の問題です。

クラウド会計は自動でデータを取り込むので「情報漏えいとか大丈夫・・・?」と思ってしまうかもしれませんが、freeeやMFクラウドはセキュリティに最も重きを置いています。

銀行でも導入されているような最新のセキュリティソフトを導入しているので外部からクラッキングされる心配はありません。

バックドアハッキングと呼ばれる自分のIDとパスワードを知られてしまって、不正ログインされてしまうタイプのセキュリティについては非常に長いパスワードを設定できますので、使っている人の注意一つで十分にリスク回避できます。

インストール型の方が安心と思われるかもしれませんが、インストール型は自分のパソコンにデータが残っているので、使っているパソコンのセキュリティソフトに安全面は左右されます。

普通の人が使うセキュリティソフトが銀行でも使われているようなセキュリティソフトに勝てるはずもなく、最新のセキュリティソフトを使って、常にアップデートしていても、クラウド会計の方がセキュリティ面では安心です。

利用シーンの比較

利用シーンまとめ
インストール型
  • インストールしたPCからのみ
  • Mac対応ソフトが少ない
クラウド会計
  • PC以外も対応。スマホアプリも〇・タブレットでも〇
  • Macでも使用できる
  • 出先でさっと領収書が処理できる



インストール型会計ソフトはインストールしたパソコンでしか使えません。
パソコンを新しくするたびにデータを移行させたりととても面倒な作業が必要です。

もし不注意でデータが消滅してしまうと外部にバックアップをとっていない限りすべてのデータがおじゃんになってしまいます。

クラウド会計はインストールしないで使えるパソコンなので、利用シーンを選びません。
どのパソコンからでもログインできますし、ウィンドウズでもMacでもどちらでも使えます。

Macユーザーの方って会計ソフトの選択肢が少ないのですが、クラウド会計はMacでもウィンドウズでも気にせず使えるのでとてもいい選択肢です。

データも使っているパソコンには保存されないので、パソコンが急に潰れてしまっても心配ありません。

クラウド会計ならスマホでもタブレットでも使えるので、ちょっとした移動の隙間時間に自動的に仕訳されたデータを確認するだけで会計処理が済みます。

私の場合、思いのほかアプリでの会計処理が快適すぎて、今はほとんど通勤時間にスマホで処理しています。
パソコンからは毎週末に間違いがないかのチェックをするためにログインするという感じですね。

料金面の比較

クラウド会計の料金比較

料金はインストール型は買い切りでおおよそ10000円~13000円ぐらいで販売されているものが主流です。

クラウド会計は月額か年額払いを選べて、おおよそ年間12000円程度かかります。

クラウド型は毎年毎月料金が加算されるので、買い切りのインストール型の方がよさそうに思えますがそんなことはないです。

というのも、インストール型も法改正があれば新しいものが必要になりますし、償却の割合なども毎年変わるので基本的には毎年アップグレードする必要があります。

一般的にはアップグレードする人は10~15パーセント割引で買えるのですが、ほとんどクラウド会計と費用面では変わりはありません。

クラウド会計の場合、常にアップデートが行われるので、常に最先端の機能をもったクラウド会計サービスを使い続けられます。

料金的にはどちらも同じ!と思われるかもしれませんが、クラウド会計は月額課金も選べるので、解約するとそれ以降はお金がかからないので安心です。
使ってみたはいいものの、相性が悪くて使いこなせない・・・。という場合でも解約してしまえば無駄になるお金を最小限に食い止められます。

UI・経営状況レポートの違い

UIは圧倒的にクラウド型会計ソフトが使用しやすいです。

インストール型は手入力をベースにしているので、「入力フォームはここです。あとは勝手に入力をしてください」というシンプルなUIが中心です。

もちろん会計知識がしっかりある方は、入力さえできればいいのですが、会計知識に自信がない方にとってはインストール型会計ソフトはとっつきづらい見た目です。

クラウド会計は会計知識が無い方でもグラフィカルで直感的にわかりやすいUIなので、会計知識がなくても入力しやすいです。

クラウド会計はUIも使いやすい

会計知識がない方は経営状況を数字で見てもわかりません。
クラウド会計ソフトは、経営状況を視覚化することで、瞬時に事業がどういう状況にあるのかを判断できます。

インストール型とクラウド型会計ソフトの違いまとめ

クラウド型会計ソフトインストール型会計ソフト
仕訳
自動・半自動

自分で判断、手動入力
セキュリティ面
銀行でも使われているセキュリティ

インストールされたPCのソフトに左右
利用シーン
PCに縛られない

インストールしたPCのみ
料金
月額or年額
年間約1万円

買い切り
年間約1万円
OSウィンドウズ・Mac両方可能ウィンドウズ対応のみのソフトが主流
バージョンアップ無料
常に最新
有料
(毎年アップデートが必要)

今後の会計ソフトの主流はどっち?

既にアメリカではクラウド会計が主流になっています。日本でも、どんどんクラウド会計のシェアを伸ばしている状況です。
特に今から個人事業を始める方はクラウド会計を選択しない理由はほとんどありません。

クラウド会計もfreeeやMFクラウドや、弥生会計など様々なサービスがありますので、気になる方はそれぞれを比較してあなたに合ったクラウド会計がわかる記事もあります。

是非クラウド会計を使って、効率よく会計を行って簡単に確定申告を済ませましょう!


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    複式簿記の知識が全くゼロでもOK。特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。

  2. MFクラウド

    MFクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、高い拡張性とシンプルなUIが人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。

  3. やよいの青色申告 オンライン

    yayoi

    会計ソフト弥生を使っていたかたにはなじみ深いUI。充実のサポートもあります。