確定申告を知らなくて焦って白色申告で出そうと思っている方
初年度はとりあえず様子見で白色申告をしようという方

そんな人に目につくのがフリープランなら永遠に無料で使えてしまう「やよいの白色申告オンライン」ではないでしょうか?

今回はそんな弥生の白色申告オンラインの評判を徹底的に調べて、こんな人にはおすすめ!というところを紹介していますのでよかったら見てみてください。

早く公式ページを見たい方はコチラ⇒やよいの白色申告 オンライン

やよいの白色申告オンラインの良い点

やよいの白色申告オンラインの良い点はなんといっても「無料で確定申告ができる」という点です。
MFクラウド確定申告でも無料アカウントで確定申告まで行うことができますが、日々の自動連係機能に制限があります。

やよいの白色申告オンラインは、自動連係機能も使えるので前々から白色申告をする予定という方は簡単に自動で確定申告資料ができてしまうのがメリットです。

といっても、確定申告期限ギリギリで資料をクラウド会計に入力していく場合は、取引取込が使えないのでどちらでも同じですが。

ただし無料なのはサポート無しプランです。サポート有りが良い場合は、年間4,320円(税込)かかってしまうので注意してください。

やよいの白色申告オンラインの悪い点

macだとやよいの青色申告オンラインと同じでかんたん取引取込が使えないのが悪い点です。

悪い点はやよいの青色申告オンラインと同じなので、やよいの青色申告オンラインの評判も参考にしてみてください。

やよいの白色申告オンラインはどんな人におすすめ?

やよいの白色申告オンラインは白色申告でずっと続けていくつもりの人、やよいの青色申告オンラインを使う予定の人におすすめです。

ただし、最初の白色申告でずっと続けていくつもりの人はちょっと待ってください。

白色申告は2014年以前であれば、帳簿を付けなくても良かったのでメリットがありましたが、今は帳簿を付けることが義務化されましたので、白色申告のメリットはほとんどありません。

唯一のメリットは青色承認申請書を出さなくても良いことぐらいです。

青色申告の10万円控除であれば、白色申告と同じ帳簿の付け方で10万円の控除を受けられますので圧倒的に青色申告の方が有利です。

クラウド会計を利用すれば、青色申告をするのは物凄く簡単なので基本的に白色申告は「青色承認申請書を出し忘れていた」人がするべき確定申告の方法です。

仮にやよいの白色申告オンラインを使って確定申告する人も次の年は是非青色申告に挑戦するべきです。

ということは、せっかくやよいの白色申告オンラインに取引取込とかいろんなデータを入れてるのに、また次の年にやよいの青色申告オンラインを使う人以外は他の青色申告ソフトにデータを入れ直さなくてはいけません。

正直これって面倒ですよね。。。

なので、やよいの白色申告オンラインはやよいの青色申告オンラインを使うかどうかも検討してみてください。

やよいの青色申告オンラインも使うつもりだけど、とりあえずは白色申告でという方にはベストな選択です。

ただ、次の年に青色申告をするつもりだけど、やよいの青色申告オンラインはちょっとどうかな・・・。と迷っている方は別のソフトを利用するべきです。

とりあえず、何も確定申告のことを知らなくて焦ってて無料で確定申告を終わらせたい!という方はやよいの白色申告オンラインか、MFクラウド確定申告の無料会員を検討してみてください。

詳しくはクラウド会計の無料会員比較!!freee、MFクラウド、やよいを徹底比較を見てみてください。


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    複式簿記の知識が全くゼロでもOK。特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。

  2. MFクラウド

    MFクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、高い拡張性とシンプルなUIが人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。

  3. やよいの青色申告 オンライン

    yayoi

    会計ソフト弥生を使っていたかたにはなじみ深いUI。充実のサポートもあります。