クラウド会計ソフトの最適な選び方

logo

クラウド会計がだんだんとシェアを伸ばしていて、「そんなに簡単なの?」「楽になるなら使ってみたいなあ」という方が増えてきています。

クラウド会計のメリットはなんといっても、簡単に確定申告が行えるということです。

確定申告と言えば、フリーで活動する人にとっては大きな関門の一つです。

仕訳を勉強したり、領収証をかき集めて経費処理をしたり、確定申告の時期はいつもより忙しくなって日々消耗しているかと思います。

クラウド会計であれば、簡単に確定申告ができるので、経理にかかる時間を大幅に短縮することができます。

自動的に仕訳をしてくれたり、クレジットやいろいろな金融機関と連携して自動的に記録してくれたり、会計にかかる時間を短縮することができます。

会計に時間を取られている方にとっては素晴らしいサービスです。

クラウド会計ソフトも実は色んな種類があります。
自分にあったクラウド会計ソフトを選ばないと、会計に莫大な時間を取られたり、使い方がどうやっても慣れなかったりします。

そこで今回は話題になっている「freee」、「MFクラウド確定申告」について自分にあったクラウド会計を選べるようにしっかり比較していきたいと思います。

クラウド会計の比較するポイントですが、、、

・使いやすさ
・料金
・サポート

この3つをきちんと比較していくことが大切になってきます。
使いやすさはもちろんですが、毎月のことなので料金も大切ですし、クラウド会計を使っていてわからないことが出てきた時のサポート体制も見ておくべきポイントです。

今から紹介させていただくのはクラウド会計の有料会員比較ですので、もし無料でとりあえず試してみようかなという方は
クラウド会計ソフトの無料会員の違いを紹介していますので、そちらを見てください。

また、こちらの比較は個人事業主向けの比較データになりますので、法人向けの比較をご覧になりたい方は「法人向けクラウド会計ソフトの比較」をご覧ください。

「freee」と「MFクラウド確定申告」と「やよい」のそれぞれの特徴

比較項目が多くなって迷ってしまうかもしれませんので、それぞれの比較ポイントを紹介する前に、ざっくりと特徴を紹介しますね。

特徴から「これがいいかも!」と思ったサービスをチェックしてから、気になる比較ポイントだけをご覧になると、時間が節約できますので。

freeeの特徴!(メリットとデメリット)

freee

テレビCMでも積極的に展開されているfreeeは「会計知識ゼロでも確定申告ができる」のが一番の特徴です。

とにかく会計が全く分からない人にはfreeeがおすすめです。

freeeは会計知識がなくても、仕訳や確定申告の資料作成がめちゃくちゃ楽で、めちゃくちゃ早いです。

ただし、簡単になっているためにデメリットもあるのが正直なところです。

確定申告の用紙も自動で出力してくれるのですが、いまいちよく分かっていないと、副業の方が会社に副業バレしてしまうなんてこともありえます。

副業バレをせずに確定申告をする方法を知っていれば、簡単に防げるのですが知らないとほぼ間違いなくやってしまうミスをしてしまう設定になってたりします。

そういう小回りの利かないところもあるfreeeです。どちらかというと小規模フリーランスの方におすすめですね。

また、UIが初心者に見やすい反面、会計知識がある人にとっては独特すぎて見にくいという口コミが多数あります。
特に会計のエキスパートの税理士さんにとっては使いにくいと感じるので、将来的に顧問税理士を雇う予定がある方にとっては大きなデメリットです。

【メリット】
・簡単に確定申告をすることができる
・圧倒的なシェアで安心できる

【デメリット】
・簡便化されていて、会計知識が少しでもある人には使いにくい
・細かい修正が非常にやりにくい
・税理士さんが独特の使用感で使いにくい

MFクラウド確定申告の特徴!(メリット・デメリット)

MFクラウド

会計をちょっとでも知っていれば正確・素早いのが、MFクラウド確定申告です。慣れればこれ以上ない使いやすさのソフトです。

とくに複式簿記を知っていれば、MFクラウド確定申告を選ばない理由が全くありません。

ちなみにMFクラウド確定申告とMFクラウド会計がありますが、確定申告が個人事業主用、会計が法人用なのでご注意ください。

【メリット】
・UIが使いやすい
・半自動仕訳なので、後から簡単に調整ができる
・手入力でも早い
・サポートが手厚い

【デメリット】
・完全自動で仕訳はしてくれない

MFクラウド確定申告は、完全に自動では仕訳をしてくれません。
なので、MFクラウド確定申告を使うには会計知識が全くない方だと少しハードルが高いです。

ただし、既に会計ソフトを触ったことがある方は仮に弥生会計を使っていた方でも、スムーズにMFクラウド確定申告に移行しやすいです。

また会計ソフトを使ったことがなくても、複式簿記を知っていたり3級レベルの知識があれば、確実にMFクラウド確定申告をおすすめします。

というのも、仕訳の方法が複式簿記の知識があればかなり素早く処理できるようになります。

初心者にとってのデメリットである半自動仕訳も、知識が少しでもあれば非常に高性能な提案をしてくるので、処理スピードが格段にあがります。

でも「これってこっちの仕訳のほうがいいよなー」と自動ではどうしても対応できない部分が絶対に出てきます。

freeeで手入力する場合は、少しコツのいる処理をしないといけませんが、MFクラウド確定申告は手入力を前提としているのでスピーディーに処理ができます。

会計知識がある。会計知識もつけていこうという気持ちがあるという方には一押しのクラウド会計サービスです。

弥生会計(やよいの青色・白色申告オンライン)の特徴!(メリットとデメリット)


弥生会計のクラウドバージョンは種類が三つあります。
一つは企業体向けのクラウド会計「弥生会計オンライン」です。
残りの二つが個人事業主向けのクラウド会計で、白色申告か青色申告かで分かれてます。「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」ですね。

弥生会計の強みは簡単に言うとサポートが強いことと、弥生会計経験者が多いことですね。

【メリット】
・確定申告期間のサポートが厚い
・ダウンロード版の弥生会計経験者にはとっつきやすい

【デメリット】
・後発組なので、まだUIが使いにくい
・会計知識がないと辛い(MFクラウド確定申告より厳しい)

クラウド会計の核を徹底比較!!

cloud比較

では、それぞれのソフトの特徴を紹介させていただいたところで、実際にクラウド会計の核となる「使いやすさ」「料金」「サポート」について比較していきますね。

使いやすさの違い

クラウド会計の使いやすさを左右するのは3つのポイントが肝心。

  • 「仕訳機能は知識が必要か?手入力は簡単か?」
  • 「金融機関と連携できるか?」
  • 「確定申告書はどこまで自動で作れるか?」

これらの機能がクラウド会計の使いやすさを左右します。

各クラウド会計ソフトの仕訳機能の比較

簡単にそれぞれの仕訳についての機能をまとめると・・・

クラウド会計の特徴
freee完全自動 知識不要でめちゃ楽

MFクラウド確定申告半自動 知識に応じて簡単に変更可能

弥生会計完全手動 わからなければサポートへ

こんな感じです。

freeeは複式簿記を全く知らない方でも使えるようなユーザーインターフェイスとなっています。

家計簿をつけるような感覚で、お金のやりとりを入力すると自動的に取引を仕訳してくれるため、簿記の知識ゼロの方でも使えます。

ただし、freeeでも自分で現金でやりとりしたときには手動で登録する必要があります。
このときは正直めっちゃめんどくさいです。
どの科目で仕訳するかまでは比較的ネットを使えば簡単にできるんですが、実際に科目を入力するのがとても大変です。
何に登録すればいいかわかるけど、どうfreeeに登録すればいいかわからない状態。
⇒UIが改善されて手入力もやりやすくなりました。

一方、MFクラウド確定申告では手入力用の「詳細モード」がついています。
詳細機能とは複式簿記の入力になれている方のために自分で複式簿記で入力していくモードです。

これは複式簿記になれている方には大きなメリットですが、全く会計知識の無い方にとってはfreeeと比較して少し入力画面が雑多な印象ですね。

例えば、yahoo知恵袋などで結構「○○という取引はどういう仕訳になるのでしょうか??」というように具体的な仕訳の方法を聞かれている方が結構います。

回答としては「○○という仕訳で良いと思います。」となりますが、MFクラウド確定申告であれば、詳細モードで入力することができます

でもfreeeを使われている方は「じゃあ、それってfreeeでどう入力するの??」となってしまって、仕分け項目はわかっているのに入力ができない。という状況になってしまいます。

ある程度自分で仕訳ができる方にとっては圧倒的にMFクラウド確定申告が良いですし、全くわからない初心者の方はfreeeがおすすめです。

仕訳まとめ

freeeMFクラウド確定申告弥生会計オンライン
仕訳自動p2marupng半自動pmaru48手動
会計知識不要p2marupng必要pmaru48必要pmaru48
手入力複雑batsu48簡単p2marupng簡単p2marupng

サポート面の違い

whiteboard_blank_woman

サポートの手厚いのはfreeeよりもMFクラウドです。

MFクラウド確定申告は公式ページでのFAQや、使い方ガイドがとても充実しています。

こんな感じで全ての機能に対する使い方ガイドが無料で配布されています。
MFクラウド 使い方マニュアル

これ使ってない方がみてもちょっと「?」かもしれませんが、いざ使ってわからないことが出てくるとほぼ全部これで対応できます。

どうしてもできない場合は、24時間メールでサポートを受け付けているので個別に対応してくれます。
急を要する場合はチャットサポートも行っていますので、営業時間内であれば対応してくれます。

ただし、電話でのサポートを受けるには「あんしん電話サポート付きプラン」に申し込む必要があります。
※年額払いのみ

MFクラウド確定申告はfreeeよりも安くて手厚いサポート体制という2点を売りにしてfreeeに勝負を挑んでいたような形でしたが、2016年1月15日をもってMFクラウド確定申告の無料電話サポートが終了してしまいました。

一方、freeeは若干サポートが手薄です。

確かにチャットとメールでのサポートは行っていますが、公式ページのQAなどよくある質問などが若干薄いです。

freeeを使っていると出てくる疑問って、実際freeeを使っている人しか解決できない場合が多いので、この点は少しマイナスです。

サポートまとめ

freeeMFクラウド確定申告弥生会計オンライン
メール対応pmaru48pmaru48pmaru48
チャット対応pmaru48pmaru48
電話対応pmaru48pmaru48pmaru48
Q&Asankaku48p2marupngpmaru48

※freeeの電話サポートは3980円/のプレミアのみ
※MFクラウドの電話サポートは17200円/のあんしん電話サポート月プランのみ

料金の違い

料金は各サービスで複数あるので、まずは簡単に紹介しますね。

・freeeの料金プラン

月額払い年額払い
スターター980円/月9800円/年
スタンダード1980円/月19800円/年
プレミアム3980円/月39800円/年

・MFクラウド確定申告の料金プラン

月額払い年額払い
フリー0円/月
ベーシック880円/月8800円/年
あんしん電話サポート付きベーシック17200円/年

・弥生会計オンラインの料金プラン

月額払い年額払い
弥生会計オンライン(企業向け)セルフプラン 28,080円(税込)/ベーシックプラン 32,400円(税込)
やよいの青色申告オンライン(個人事業主向け)セルフプラン 初年度無料・次年度以降8,640円(税込)/ベーシックプラン 初年度6,480円(税込)・次年度以降12,960円(税込)
やよいの白色申告オンライン(個人事業主向け)セルフプラン 無料/ベーシックプラン 初年度4,320円(税込)・次年度以降8,640円(税込)

どれが良いのかは個人差もあるのですが、料金設定が真ん中のプラン同士を比較すると、freeeは1980円/月。
MFクラウド確定申告は800円/月です。

freeeはこれ以下のプランを選ぶと、自動化ができなかったり、クラウド会計のメリットが失われてしまうのであまりおすすめできません。

逆にMFクラウド確定申告はこれで必要十分です。さっきもちらっと言った電話でサポートしてほしい人だけ、年間17200円の一括払いプランを選択してください。

ここの違いは本当に電話サポートがあるかないかの違いだけです。

電話でのサポートを選んでもfreeeのスタンダードプランよりも安いという時点でMFクラウド確定申告にサポート面では軍配が上がりますね。

あと触れておきたいのが白色申告の場合のやよいオンラインですね。
完全無料で使えてしまいます。会計知識があってとりあえずは白色という場合はやよいオンラインにデータだけ蓄積しておくというのが賢いですね。

ニーズ別おすすめクラウド会計は?!

違いでも説明しましたが、「何をクラウド会計に求めるか?」で、おすすめのサービスが変わってきます。

そこで、ニーズ別にどのクラウド会計ソフトを選ぶべきかおすすめを紹介したいと思います。

会計知識がまったく無く、とにかく手軽に確定申告をしたい方

IT系のフリーランサーの方はfreeeで全部OKです。

会計知識がまったく無い!でも簡単に65万円の控除が受けられる青色申告をしたい!

という方は、freeeがおすすめです。

なんといっても、自動的に仕訳ができるという点が一番。
自動で仕分けをしてくれますので、全く勘定科目について意識をせずにガンガン入力していくことで
勝手に帳簿が完成するというのは非常に気持ちがいいです。

もう一つは確定申告書の作り方がとっても簡単という点。

質問事項に答えていくだけで、自動的に確定申告書が完成します。

決まったクレジットカードや金融機関で取引をするという方にとっては、最初に登録するだけで

自動的に65万円控除が受けられる青色申告書が完成してしまいます。

会計知識が少しだけある、(今後勉強するつもり)の方

会計知識が少しある!という方はMFクラウド確定申告のほうがおすすめです。

最初は会計知識があまりなくても半自動的に仕訳してくれるのでほぼほぼ問題ありません。
ただし、自動入力ではなく「自動的に仕訳を提案」してくれるだけなので、最終的な判断はユーザーに任せる。というスタンスです。

そのままの提案で問題ない場合が多いですし、心配な方は一度グーグルで調べるなどすれば
学習機能がついているので、一度行った仕訳は記憶してくれますので、二回目以降は調べる必要はありません。

例えば、副業でほぼ同じような科目が引き続くというようなビジネスモデルの方、例えばアフィリエイトなどでASPからの報酬、外注記事費用、その他書籍購入費、というようにお決まりの科目な場合は処理スピードが早いです。

また事業をやっていく上で会計の知識って大切なので、今後勉強していくことを考えている方にも。

手打ち入力がしやすいので現金でのアナログなやりとりが多くある場合には、MFクラウド確定申告のほうが良いです。

いままでやよいを使っていて、使用感が変わるのは困る!という方

番外編ですが弥生会計を使っているかたには、そのままやよいオンラインを使っていただくか、MFクラウド確定申告が良いです。

MFクラウド確定申告は他の会計ソフトを使っていても、スムーズに移行できるという口コミもあるシンプルなソフトです。

癖がないので使いやすいですよ。

税理士からはどちらが喜ばれるの??

最終的な確定申告の前にお抱えの税理士の方に相談される方もおられると思いますが、上述のとおりfreeeは若干癖のあるサービスです。

クラウド会計サービス自体が新しいものなので、税理士の方もまだまだ知識が及んでいない場合があります。

なので、専門家からするとMFクラウド確定申告の方が、税務知識を活かせるサービスとなっているので、税理士に相談される方はMFクラウドの確定申告方が良い場合があります。

もちろんfreeeはテレビCMでも宣伝しているぐらいの有名ソフトなので、きちんと税理士の方も把握している方が増えていますので、既に税理士に頼んでいる方は一度確認してみてください。

また、まだ税理士を使われていない方は契約するときにfreeeが使えるか?MFクラウド確定申告が使えるか?を事前に確認することはしてくださいね。


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    複式簿記の知識が全くゼロでもOK。特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。

  2. MFクラウド

    MFクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、高い拡張性とシンプルなUIが人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。

  3. やよいの青色申告 オンライン

    yayoi

    会計ソフト弥生を使っていたかたにはなじみ深いUI。充実のサポートもあります。