そして一ヶ月以上経った頃、ロレックス調査官が作った(いや部下にやらせたか)資料を見せられました。

全ての売上入金、引き出し、支払い、が一枚の表になっており、お金の動きが全部書いてありました。

※A3縦で、7,8枚ぐらいでしょうか

 

 

 

ECサイトの仕入れ支払いの銀行振込口座が、入金口座と違い2つあり、しかも現金引き出しで移動もよくしてるのに

引き出した現金が、どこの個人口座にいくら入った。

そのお金は、さらにこの口座に移動などなど 恐らく全部書いてありそう。。

「この表は、お金の流れが記してあります、解らない部分がありますので、教えていただきますか?」

とっくにECサイトの売上、利益の全貌は解明されたはずなのに、、その利益は何に使ったまで全部聞くかぁー

「○月○日 □□さんに、100万振り込まれてますね」 はい

「これは誰ですか? なんのお金ですか? 」

うちの親父です、個人事業主でちょっと入金サイクルがずれて一ヶ月貸してくれと言われて

「利息は取ってますか? 返金されてますか?」 利息は取ってないです、返金されています。

「いつの返金ですか? 」 と 表の入金欄で不明の印があるものを指す(たぶんこの1,035,000円です。

「35,000円はなんですか?」 確か中古のパソコンを建て替えて買ってあげたので、、

「わかりました、○月○日 △△さんに、30万振り込まれてますね」

「これは誰ですか? なんのお金ですか? 」 えーーーー これ全部やるのーーー

この辺から、調査官の凄さがわかってきました。

税務署調査は、調査権限を振りかざし、なんでも押収して見つけた、怪しい取引を追求してくるイメージだったが

実際は、誤差の範囲までお金の出入りを調べ、綿密な裏付け、すべての流れの意味を調査官が理解するまで調査します。

今回の私のケースは、無申告ですから当たり前の対応ですが、、、

ちゃんと確定申告をしていて、ちょっとぐらい売上ごまかしても分からないだろうと言える範囲は、

完璧な帳簿なら、恐らく誤差の範囲(1-2%ぐらいまで)じゃないでしょうか

ごまかす人は、他に経費とかいろいろやっちゃうの思うので、そこで目を付けられ本格調査でアウトかと

ただ、上席調査官を担当にするのは、それなりのギャラが必要なので小規模店では解りません。

※しかしーー私は小規模店になってからも、三ヶ月の税務調査入りました(T_T)

 

続く