本業に集中するため、帳簿付けや確定申告に時間をかけていられないというの方が多いのではないでしょうか。
また、帳簿付け・確定申告に紙やExcelを利用していて、もっと効率よく早く終わらせられたらいいのにと思っている方もいるでしょう。

そこでおすすめするのが、使いやすく時間短縮にもなる「クラウド会計」です。
まだ使ったことがない方は、ぜひクラウド会計を活用して確定申告をスムーズに行いましょう。

クラウド会計ソフトってよく聞くけど何?

普段から紙面上で自分で計算をしながらの収支管理が当たり前になっている場合、クラウド会計ソフトについてあまりよく知らないという方も多いでしょう。クラウド会計とは、昔からある会計ソフトに近いもので、インターネットを通してパソコンやスマートフォン、iPadなどからも利用できる会計システムです。

かつては家電量販店などで会計ソフトを購入してきて、自分でインストールを行いデスクトップパソコンから利用するものが主流でした。しかし、最近ではこのクラウド会計ソフトが主流になりつつあり、利用している企業も着々と増えてきています。インターネット環境が整っていればすぐに使い始められ、パソコンやスマートフォンをWiFiにつなげればいつでも、どこにいてもアクセスできます。

費用も家電量販店で購入するのと違い、月にいくらという月額になっている場合が多いです。中には年額で課金されるものなどもあり、好きな支払方法を選べるケースもあります。一度クラウド会計ソフトを導入すれば、その便利さに圧倒され、もうクラウド会計ソフトなしに帳簿付けはできないと感じることでしょう

クラウド会計ソフトを使うと素人でも簡単に帳簿つけができる

これまで高校や専門学校などで簿記を学んだ事のある方や、企業の経理事務の仕事に携わったことのある方などは、会計処理に対し抵抗する気持ちが少ないかもしれません。しかしこれまで一切簿記に携わったことのない方からすると、何が貸方で借方なのか、専門的な用語がズラリと並んでいると理解できずそれだけで嫌になってしまうでしょう。

クラウド会計ソフトを使えば、そんな思いをすることは一切なく、素人でも簡単に帳簿がつけられるようになります。
平易な言葉が使われているため専門用語はほとんどなく、初心者でも難なく理解できるようになっているのです。
さらに取引データを自分達でどこに入力すればいいか探す必要もなく、自動仕訳できるようなクラウド会計ソフトもあります

見た目も非常にシンプルで分かりやすく、日頃の経費精算や仕訳も簡単にできてしまうので、本業を妨げることがありません。また、クラウド会計ソフトによっては、ネットバンキングやクレジットカードを連携するだけで、収支や利用データが簡単に反映されるように設定ができるものもあります。これを利用すれば、1つ1つレシートや領収書を見て、どこの勘定に当てはまるのか考える手間もなくなるので、大幅な時間短縮につながるでしょう。

クラウド会計を使うと人員も削減できる

これまでほとんどのことは自分達だけでできても、帳簿をつけるのが大変という理由で、わざわざ経理担当の方を募集していた会社もあるでしょう。余裕がある会社であれば、経理のために人を雇っても問題ないかもしれませんが、少しでも生産性をあげたいという場合には、最小人数でできることは全てやりたいと思うのではないでしょうか。

そこでクラウド会計を使えば、専門知識がない人でも簡単に入力を行え、さらに自動入力機能なども活用すれば入力作業そのものが省けるようになります。自分の業務時間も帳簿つけに時間をかけなくて済むようになるのはもちろんこと、会計業務のために人を雇う必要もなくなり、経費節減にも貢献することができます

最近のクラウド会計ソフトは機能が充実している

最新のクラウド会計ソフトには、仕訳を自動化してくれるだけでなく、あらかじめ勘定項目をソフトの中で提案をしてくれるものもあります。どちらの勘定だったのか忘れた時や、入力の仕方に迷ってしまった時にも自動提案がヒントとなり、正しく仕訳ができます。さらに、登録した仕訳をまた勘定を探して入力してなくてもいいように学習する機能が付いているケースも多いです。

定期的にやり取りのある取引先の場合は、仕事で取引するもの、購入するものが決まってくると思いますので、そのような経費に関しては学習して前と同じように仕訳をしてくれます。
自分で紙に書いて勘定を探している時より、はるかに早く処理が終わるでしょう。

データも消えずに常に最新のソフトが使える

デスクトップの会計ソフトの場合は、自分で手動アップデートを行うか、古くなってくるとそもそもサポートが終了しアップデート自体できないこともありました。対して、クラウド会計ソフトは常に新しいバージョンへのアップデートが自動で行われます。もちろん、アップデートによってデータが消える心配はありません。

データはパソコンの中でも管理ではなく、クラウド会計ソフトのネットワークで管理しているので、万が一自分のパソコンがおかしくなってもデータの消失は免れます。しっかりと帳簿をつけてきたのに、年末近くにパソコンが急に壊れてクラウド会計のデータが全て無くなるという心配もないのです。

また、セキュリティ対策も万全ですので、クラウド会計ソフトのネットワーク内にデータを置いておくことは全く問題ありません。バックアップがなく年末に消えてしまい、どうしようと焦ってしまう・・・そんな心配もありません。

さらに効率化、時間削減をしたいなら

クラウド会計ソフトでは帳簿をつける他に、確定申告書類まで作れる場合も多いです。確定申告は、その年の1月1日から12月31日の損益や経費をまとめ、翌年の2月から3月に専用の申告用紙に記入をし税務署まで持っていく必要があり、手間も時間もかかります。さらに2月から3月の確定申告時期の税務署は、大変混雑していて待たされます。

そして書類に不備があれば再度出向く必要があるなど、確定申告の作業だけで本業が圧迫されてしまいかねません。そこで、クラウド会計ソフトについている機能を利用すれば、自動で確定申告書類を作り、さらにe-Tax(電子申告)で申告を行うことが可能です。確定申告書類を取りに行き、提出のためにまた税務署に行く手間がなくなり、大幅な時短効果につながります。

税理士に確定申告書類を頼むのもオススメ

時間削減をして確実な確定申告書類を作りたい時には、プロである税理士に依頼するのも安心です。
自分でクラウド会計ソフトに入力だけでも行っていれば、最後に確定申告書類を作成してもらうだけになり費用も安くなります。e-Tax(電子申告)を利用する際に、最初に準備が必要になり分かりにくい部分もあるかもしれません。

その時間ももったいないという場合は、直接税理士に依頼をしましょう。事業所得

まとめ

紙やExcelで帳簿をつけている方は、ぜひクラウド会計ソフトを利用してみましょう。
多少の費用はかかりますが、初心者でも使用しやすいつくりになっているため、知識がなくても楽に運用でき、時間や労力、人件費の削減にもつながります。

さらに時短を図りたい場合には、帳簿だけでなく確定申告書の書類もクラウド会計ソフトで行ったり、税理士に確定申告を依頼したりすることをおすすめします。


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    「会計知識ゼロでも確定申告ができる」が特徴。知識がなくても仕訳や確定申告の資料作成がめちゃくちゃ楽で、めちゃくちゃ早い特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。サポートも万全!! ※無料プランあり

  2. マネーフォワードクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、速さ、高い拡張性とシンプルな画面が人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。※無料プランあり

  3. やよいの青色申告 オンライン

    会計ソフト売上実績No.1「弥生シリーズ」オンライン版。弥生のクラウド確定申告ソフトはシェア57.0%!必要な全ての機能が初年度無償キャンペーン実施中です。会計知識が多少あればおすすめです、サポートも手厚い!