マネーフォワードのテレワーク補助金キャンペーン

キャンペーン期間:2020年6月1日〜8月31日

コロナ禍でも、経理担当の約8割は出社しているそうです。
紙書類によってコロナ出社を強制されている職種は、いろいろありますが企業のバックオフィス系は本当に出社が必要でしょうか?

テレワークの鍵は「紙の書類のデジタル化」です。
マネーフォワード クラウドなら、経理・給与・請求書・勤怠管理などバックオフィス業務を、そっくりそのままテレワークで対応できます。

マネーフォワード クラウドなら
自宅でもバックオフィス業務が完結

しかもクラウド化は、業務の効率化に繋がります。
経費・請求書・給与・勤怠管理などバックオフィス業務を自動化することで会計にかかる作業時間が大幅に削減します。

テレワークの導入を検討している企業は、マネーフォワード クラウドを導入すべきです。

キャンペーン概要

テレワーク補助金キャンペーン

Amazonギフト券 50,000円分 プレゼント

法人様限定、法人ビジネス年額プランをご契約の方

申し込み期間
2020年6月1日(月)〜2020年8月31日(月)

※このキャンペーンは2020年1月1日以降、マネーフォワード 社が実施していた「10億円軍資金キャンペーン 延長戦」の名称を変更し、一部期間を延長して継続しているものです。
※Amazonギフト券は、2020年12月頃にAmazonギフト券のコードが届くようです。


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    複式簿記の知識が全くゼロでもOK。特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。

  2. マネーフォワードクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、高い拡張性とシンプルなUIが人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。

  3. やよいの青色申告 オンライン

    会計ソフト売上実績No.1「弥生シリーズ」オンライン版。弥生のクラウド確定申告ソフトはシェア57.0%!必要な全ての機能が初年度無料です。業界最大規模のカスタマーセンターによるサポート力!