freeeの様々なアプリが無料で使える

様々な規模の業種に対応しているfreee会計は、経理の知識が乏しくても使いやすい会計ソフトとして知られていて、操作も簡単に済ませることができます。その都度分かりやすいガイドが表示されることもあり、誰でもミスなく、数字や勘定科目などの項目も正確に入力することができるメリットがあります。

確定申告をする際に、1つのミスが命取りになることもあります。そこから修正するのは簡単なことではありませんし、脱税をしているのでは?と疑われてしまう可能性もあります。そうならないために、freee会計では確定申告で提出する大切な内容もワンクリックで作成することができます。

しかもfreee会計では様々なアプリを無料で使うことができます。誰でも扱えるように難しさを極力排除し、不明点や疑問点があれば、電話相談やメール相談、最近では多くの企業が導入しているチャット相談、さらにはヘルプページを充実させて、どのような疑問にも対応できるようにしています。

確定申告などの会計業務の煩わしさを解消するために様々なアプリを提供しているので、会社の経営者も経理担当者も、売上や税金など、全てのお金に関わる大切な部分をfreee会計の様々なソフトに作業を任せることで、手間と時間を大幅に省くことができるでしょう。

リピート取引登録アプリ

「リピート取引登録アプリ」は、freee会計に自分の取引履歴を無料で自動登録することができるアプリです。事前に取引テンプレートが用意されているので、自分でその都度考えなくても、毎月の取引登録を無料で自動化させることができるアプリです。自動で作業をしてくれるので時間の短縮にもなりますし、今まで担当者が感じていた作業の煩わしさを解消してくれる、とても便利なアプリです。

このアプリを利用してほしい人は、毎月何かしらの取引が発生したときにその都度会計処理を計上している人、毎月の会計処理が同じような取引履歴になっている人、今までネットバンキングを利用してない人などです。

また、既にfreee会計の取引テンプレートを使っている人も、簡単に処理してくれるリピート取引登録アプリは、使い勝手の良いサービスとして受け入れることができるでしょう。freeeでは何度も面倒な作業を繰り返さないために、何種類ものテンプレートが用意されています。

このリピート取引登録アプリは、自由に取引の登録をカスタマイズすることができて、扱いやすいです。例えば、事前に登録内容を確認してから登録することができますし、大事なことを忘れないためにメモやタグなどを付けて、そのままfreeeと自動で連携させることができます。

借入金管理アプリ

お金の貸し借りなどの流れを分かりやすく管理できるのが「借入金管理アプリ」です。事業所の借入金が現在どのくらい残っているのか、そして毎月どのくらい返済していかなければいけないかをアプリで管理しながら、毎月の返済取引登録の効率化を図ることができるのが、借入金管理アプリを導入するメリットになります。

扱い方はとても簡単で、最初に借入金の契約条件をアプリに登録します。そうすると、自動で計算してくれて、完済までの道筋を立ててくれます。元金だけでなく、利息額まで計算し、返済のサポートをしてくれる、とても便利なアプリです。

freeeは売上の管理だけでなく、借入額の管理もできます。freee会計と連動しながら、毎月の支払い予定を経営者が理解することができるだけでなく、借金の有無をしっかり把握しながら、どのように資金繰りをしていくか、レポートにまとめて理解することができます。

返済したら、その取引がアプリに反映されて履歴として残ります。その時だけでなく、情報がほしいときに取引履歴を確認することができます。数字だけでなく、借入金がどれくらい減ったか、または増えたかをグラフで表示させることもできます。数字よりもグラフにしたほうが、目で見て判断しやすいメリットもあります。

決算サポートアプリ

決算前の忙しさをアプリでサポートしてくれるのが「決算サポートアプリ」です。様々なサービスで決算の忙しさや煩わしさを解消してきたfreeeですが、無料で提供されるサービスとして便利に使えて、決算をする前のあらゆる確認作業や修正作業が簡単に済ませることができます。

他のアプリと同様に、freee会計と連動させることができるので、登録されているデータをすぐにアプリに反映させることもできます。全自動で必要な項目を瞬時に確認することができるだけでなく、その都度修正箇所があればチェックして、すぐに数字などを変更することもできるのが、このアプリの便利なところです。

どの業種でも、口座の金額と通帳の残高を一致させる必要があります。ちょっとのズレも許されません。このような問題や手間を省くために、決算サポートアプリでは、なぜ残高が不一致になっているかを瞬時に把握し、未処理のままの状態の入出金明細を的確にサジェストしてくれます。

決算サポートアプリを駆使することでfreee会計と連動し、修正箇所を教えてくれます。

前受/前払アプリ

freee会計では、年額などをまとめる際に、前受/前払の登録を自動化するアプリを無料で提供しています。アプリの中で按分期間を指定することもできるので、freee会計と連動させることで、本来であれば面倒な前受/前払の作業をワンクリックで登録することができます。

年額としてサブスクリプションのサービスを提供していて、自社との取引先から月単位ではなく、1年単位でまとまった金額を受け取っている事業所が、会計上の売り上げを月単位で分けて管理するときに便利です。

様々なサービスや事務所がある家賃などを1年契約でまとめて支払っているが、会計上の関係で支出を月ごとに分けて管理したいと思っている人におすすめしたい、無料で利用できるアプリの紹介になります。

「前受/前払アプリ」をfreee会計と連動させ、それぞれのソフトやアプリをうまく使い分けることで、面倒な作業や更新をしなくて済むようになります。使い方も簡単で、直感的に必要な情報を指定されている項目に埋めるだけで入力が完了する、便利なfreee公式アプリの1つになります。

外貨建取引管理アプリ

freee会計では、確定申告などで必要な会計関係の情報を簡単にまとめてくれる無料アプリだけでなく、外貨建取引の管理を容易に済ませてくれるアプリも無料で提供しています。

このアプリを使うことで、事業所として導入している外貨建取引の登録を容易に済ませることができるだけでなく、決算時に必要な期末評価の資料を簡単に作成することができます。アプリ内の扱いもとても楽で、その時の為替レートをもとにして、外貨建取引管理アプリが自動で対応している海外の外貨を日本円に換算してくれます。

そこから自動的にfreeeと連動して取引登録をしてくれるところが、このアプリを利用するメリットになります。

「外貨建取引管理アプリ」をfreee会計と連動させることができるので、振替伝票として自動的に情報を共有させることができます。アプリを使うことで操作も簡単に済ませることができるので、企業として外貨建取引を導入しているけど、為替が関わってきて作業の煩わしさを感じていた人に、おすすめの無料アプリになります。

>>会計freeeの各有料・無料プランについて 2021年版のページはこちらです。

freeeの公式サイトで詳細を確認する


当サイトで人気のクラウド会計ソフトランキング

  1. freee

    freee

    「会計知識ゼロでも確定申告ができる」が特徴。知識がなくても仕訳や確定申告の資料作成がめちゃくちゃ楽で、めちゃくちゃ早い特にWEB系のフリーランサーにとっては最適なクラウド会計ソフトです。
    完全自動で仕訳・確定申告ができてしまいます。サポートも万全!! ※無料プランあり

  2. マネーフォワードクラウド

    使いやすさ、価格、サポートと穴がありません。完全初心者には若干ハードルが高いものの、速さ、高い拡張性とシンプルな画面が人気の秘訣です。
    仕訳も半自動ですが、学習機能が優秀なのでほとんど自動に近いスピードで処理できます。※無料プランあり

  3. やよいの青色申告 オンライン

    会計ソフト売上実績No.1「弥生シリーズ」オンライン版。弥生のクラウド確定申告ソフトはシェア57.0%!必要な全ての機能が初年度無償キャンペーン実施中です。会計知識が多少あればおすすめです、サポートも手厚い!